マスフラスコ

化学系サラリーマンの日常実験ブログ

「金銭感覚を磨き直す読書会」までにやっておきたいこと

f:id:junmasuo:20190124222914j:image

こんにちは。明日の給料日を心待ちにしているマスオです。

 

2019年最初の給料日が金曜日なのでまっすぐ家に帰れるか不安ですが、頑張って#華金帰宅チャレンジ を成功させたいところです。

 ▲先週はキーマカレーをつくりました

 

さて、2月の月一読書会「金銭感覚を磨き直す読書会」が来週の土曜日にせまってまいりました。主催者として色々な方とお話できるのも楽しみですが、参加者(僕も一緒に本を読む予定です)としてもどんな事が学べるか楽しみです。

 

ですがただ読書会の日が来るのを待っているだけでは当日の学びが少ないように思うので、少し準備をしておきたいと思います。何をするかというと、当日の読書会で何を学びたいか?を考えておくことです。

 

これは読書会に限らず授業やセミナーなどでも同じことが言えるかと思いますが、自分が何を学ぶためにそこに行くのか?を明確にしておくことで当日の学習度がグッと上がります。なので今回の「金銭感覚を磨き直す読書会」までに以下の事前準備をしてお金に関して何を学びたいか?を考えておこうと思います。

 

①自分が持っているお金に関する本の棚卸

f:id:junmasuo:20190124222925j:image

▲我が家の本棚にあったお金に関する本

 

まずは自分が持っているお金に関する本の棚卸です。過去の自分がその本から何かを得ようと思って買ったわけなので、今自分がほしい知識も程度の差はあれどそんなに遠く離れたものではないはずです。なので一度棚卸をしてみます。

 

本全体のテーマが「お金」な本は分かりやすいですが、自伝系やエッセイ系の中にも数ページお金に関することは書かれていると思うのでピックアップしてみました。この人はお金に関してこんな考え方を持っていたんだ!なるほどな~!みたいなのも僕には結構響くためです。

 

②読書会で学びたい事を決める

 自分が過去に買った本を見ているとマーケット感覚を身に付けたかったのかな?投資信託を始めたかったのかな?など色々思い出してきます。そこをヒントに今のお金に関する悩みや課題などを考えて、今必要な知識を考えていこうと思います。

 

漠然と今年はもっと副業に力を入れていきたいな~と今考えているので税金関係は気になるところかなという感じですが、まだ棚卸もしっかり出来ていない状態なのでここでは割愛します。

 

 ③読書会に持っていく本を少し読んでおく

学びたいことを決めたら読書会に持っていく本を選んで、少し読んでおこうと思います。月一読書会では自分が持って行った本ではなく他の人が持ってきた本を選んで読むのもOKです。逆も然りで自分が持って行った本を他の人が読むこともあります。

 

なのでその時に「この本のこの部分を読んでほしいです!」とその場で言えるようにしておくとその人に読んでもらえて得たい情報が得られるかもしれません。また他の人に「M&Aならこの本がいいですよ〜」などのアドバイスが出来るかもしれませんので、ファシリテーターとして少し読んでおきたいと思います。

 

まとめ

金銭感覚を磨き直す読書会の前には自分の持っているお金に関する本の棚卸をして、お金に関して何を学びたいかを考えて、持っていく本を少し読んでおこうと思います。

 

とても真面目な準備っぽくなってしまいましたが、当日はゆるくファシリテーションしたいと思うので、どうぞよろしくお願いしますッ

 

ちなみに

「この金銭感覚を磨き直す読書会ですが、残席わずかでしてぜひともこのブログを読んだ方はお越しくだされー!!」という文章をここに書こうかと思っていたらブログを書いている間に埋まってしまいました。ありがとうございます!

 

逆に来ようとしてくださっていた方には大変申し訳ありません。満席になると思っていませんでしたが、"お金"はテーマとしてとても需要があるのかもしれませんね。なので再度お金に関する読書会を開催してくれ~!というようなご要望があればツイッターのDMあるいはリプライで連絡をいただけたら開催を検討(超前向きに)します。

 

ではではー!

 

マスオにお金に関する読書会の開催を要望する