ネガティブツイートをして気付いたこと

f:id:junmasuo:20180828221059j:image

マスオです。どうも。

 

 

わたしは今日会社の命でとある講習を受けに行っており、会社の中では学べない新しいことが勉強できると楽しみにしていました。

 

 

しかし講習の進め方があまりにも好みのタイプからかけ離れており、荒ぶる気持ちからこのようなツイートをしてしまいました。

 

 

 

普段文句や愚痴といったネガティブなことはツイッターではあまりつぶやかないようにしているのですが、すごく時間を無駄にしている気がして怒りに任せてつぶやいてしまいました。

 

 

反省

 

 

しかしこのツイートのあと気付いたことがいくつかあったので、今日はそれを紹介していきます。

 

リプライによって考え直すことにつながった

怒りに震えてメモを取ることすら放棄していたわたしですが、このようなリプライをいただいて

 

 

 ▲じゅちゃんとひらさんのリプライ。2人共「おつかれさま」って入ってて心遣い!ってなりましたありがとうございます!

 

 

「あっ」ってなりました。

 

 

そうですよね。どんなことからだって学ぶことはありますよね。

 

 

普段だとこういう視点も持てていたのかもしれませんが、講習に期待し過ぎていたせいか今日のわたしの感覚はズレていました。

 

 

なのでこのリプライによって冷静になることができ、この後の講習は前半戦ほどふてくされることなく色々な視点から講習に臨むことができました。

 

ポジティブなことを書き出してみたら10個あった

講習が終わり、さきほどのツイートをネガティブなまま放置しておかず、ポジティブに捉えてみることにしてみました。

 

 

そうしたところ

 

 

となり、さらに

 

 

 こんな感じになりました。

 

 

講習の進め方が嫌だなぁと感じたところをポジティブに書き直してみると、わたしが普段読書会で参加者の方に対して気を付けていることだったりしました。

 

 

また、ポジティブなことを書いてみるともう少し書いてみたくなって、講習以外のことも書いていました。

 

 

トンカツほんとにおいしかったんですよね。

 

 

この10個のこと。だからなんだって話かもしれない小さな気付きかもしれませんが、実際に言語化して発信してみたことで納得出来る一日になったように思います。

 

 

それが大きかったかなぁ

 

 

また今日は安全に関する講習でもあったので、最後の"怪我なく帰宅"は本当に達成出来てよかったです。安全第一。

 

ネガティブなことはつぶやいても大丈夫

もともと何でネガティブなことをつぶやいてはダメだと思っていたのかもわかりませんが、なんとなくダメだということにしていました。

 

 

もちろん今までにネガティブなことをつぶやいたことが全くないわけではないのですが、今日の一連の流れで別にそんなに気にする必要はないのかも、と考え直しました。

 

 

「悪い思想」がネガティブな表現になるのではなく、「素直な思想」がネガティブな表現になってしまうこともあるわけで、素直な表現をなくしてしまうのはよくないな、と

 

 

なのでこれからも素直な気持ちであればネガティブな表現を使って発信していこうかなと思います。

 

 

ちなみに

今日は怒り爆発モードで荒れ狂ったツイートをしてしまいましたが普段は冷静沈着なお役立ちツイートが多く

 

 

 

 

 

 

 

なかったですね。すいません。

 

マスオのツイッターはコチラ